波背景 波背景

自社開発の製品詳細

ホルマリン大型消毒器アビオス ASK-7500

驚異の消毒力と
クリーンな環境を実現

ベッドやマット、その他保育器などの消毒に使用する大型のホルマリンガス消毒器です。

21世紀の新たなホルマリンとの歩みがアビオスであると考えています。人にやさしく作業環境に安心なホルマリンガス庫内残留0.03PPM以下を達成したホルマリンガス消毒器です。

大型で全自動の安心して使用できるホルムアルデヒドガス消毒器で、独自のシステムで優れた消毒力、人にやさしく作業環境に安心、経済的なランニングコストなどの特長があります。

アビオス ASK-7500
波 背景

独自のメカシステムが庫内気圧をコントロール。クリーンな環境を実現!

【特長.1】クリーンな作業環境

●省庁指針のホルマリンガス作業環境許容濃度0.1PPM以下をクリアした全く刺激残臭のない、独自なメカシステムのホルマリンガス無害化装置を開発、搭載しました。

 

●工程完了後、庫内ホルマリンガス残留0.03PPM以下、排気ガス残留0.03PPM以下に処理を行い、刺激臭を感じず、安心して作業を行えます。

 

●人体や環境に悪影響を及ぼすものとして、ホルマリンも規制の対象になっています。アビオス7500型は残留ガス0.03PPM以下を達成しており、安全にご使用いただけます。

 

アビオス 本体

【特長.2】独自なメカシステム

 

●陰圧と常圧を繰り返すことで、優れたガスの浸透性を生み、被対象物の隅々まで処理を可能としました。またOne way方式により、一度使用したガスを元に戻さないことで、よりクリーンな処理を実現しております。

消毒効果試験

1)供試菌

Bacillus subtillis(枯草菌芽胞数1×106/1枚)

栄研器材テスパーG使用

 

 

2)試験試料

テスパーGを滅菌バックに入れ、密封。アビオス庫内A,B,C,D,Eの5か所に分布して配置。

 

 

3)測定方法

試験試料A~Eを置き、作動させ6時間の処理を行った。処理終了後無菌的に試料のろ紙を取り出し、測定培地に投入。35℃、72時間培養後、供試菌の発育の有無を観察判定した。

 

 

4)試験結果

アビオス 試験結果

 

5)試験成績表

厚生労働大臣指定検査機関:社団法人 大阪食品衛生協会 食品検査センター

 

●チャンバー(庫内)内のホルムアルデヒド濃度

チャンバー庫内のホルムアルデヒド濃度

 

フロチャート《3モード選択式》

アビオス フロチャート

ホルムアルデヒドガス消毒器のご使用についてのご案内 

上部文字の上をクリックください。ご案内のPDFを表示します。

 

本体付属品・消耗品・オプション

消耗品はメールやお問い合わせフォームからも受け付けております。
お気軽にご注文ください。
オプションにつきましては、ご相談くださいませ。

アビオス専用薬液

アビオス専用薬液

中和剤(アンモニア水溶液 8.3%)
4.5リットル入×2 約200回

アビオス ASK-7500 仕様

製品名
アビオス ASK-7500
類別名称
医療用消毒器
一般的名称
ホルムアルデヒドガス消毒器
JMDNコード
70472000
本体外寸法
2,050W×2,500D×1,850H mm
消毒庫内有効寸法
1,290W×2,310D×1,724H mm
消毒庫ドア
密封式手動締付け3点ロック 緊急脱出用ハンドル装備
本体表面材質
ステンレス SUS304 ヘアライン仕上げ
本体重量
450 Kg
気化方式
真空定量ガス化方式
消毒庫内攪拌ファン
耐熱120℃ 2.2㎥/min×9基
消毒庫内真空
-2.0kpa
熱風器
三相200V 4.8kw 電気ヒーター
電気容量
三相200V 50A
運転制御
自動専用型マイクロコンピューター
クラス分類
管理医療機器(クラスⅡ)
修理区分
第3
特定保守
非該当
設置管理
非該当
製造販売承認番号
21800BZX10055000

※仕様は予告なく変更することがあります。